2018年06月20日

24Dec.2013

冬休みに入った娘、朝からギコギコと薪切ってました。
よい子にしていたので慶兄サンタがケーキを、ヒロねえサンタが大根を持って来てくれました。
秋兄サンタは白菜と山芋を畑で採らせてくれました。
うちのまわりにはたくさんサンタクロースが住んでいます。

ふと、クリスマスのモミの木というのは、その冬分の薪にするためにあるのではと思ったり。家族にとってはなによりのうれしい冬の蓄えだからね。
明日はまた総出で薪作り、冬支度は忙しい。

クリスマスムード皆無のお山の村ですが、大根漬け、干し芋裏返し、大豆を選ったりしていたら夕暮れとなり、なんの準備もしていないけどいつもとちがう晩ご飯をと慌てて考えてたこ焼きにしたのですがw、意外とウケておなかもいっぱい。
よい子になれるようがんばったからか、娘サンタがかわいい室内履きをプレゼントしてくれました。
台所、足が冷え冷えだったのでとてもあったか、うれしいよ〜
posted by pon at 13:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。