2018年06月20日

コンパニオンプランツ12 September 2013fb

混植によってお互いの性質により病虫害を防ぎ発育も促進させるという、コンパニオンプランツ。いかにもおしゃれな響きで目新しいようにも思いますが、実は昔からの知恵。ここ木頭では山きびと大豆とササゲ(黒いインゲンの種類)を混植し、キビが終わったあとに、ササゲのツルがキビがらをつたって大きくなるので支柱を立てる手間も省けるという、一石三鳥ほどの栽培方法。この甲斐あってか、水不足にもかかわらず、キビは豊作、大豆とササゲはこれからですがまずまず。

581594_517318951672170_1020092871_n.jpg
posted by pon at 14:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。